ニュース

【大会結果】World Korfball Championship 2019 大会史上初の勝利!

2019年8月1日〜10日に、南アフリカ・ダーバンで開催された「IKF World Korfball Championship 2019」の結果をお知らせします。

今大会は20カ国が出場し、16年ぶりの3回目の出場となった日本代表は15位で大会を終えました。

グループ予選第3戦の南アフリカとの試合で世界選手権史上初勝利をあげ、15位16位決定戦のアイルランドとの試合にも勝利いたしました。

多くのご声援をいただき、ありがとうございました。


<大会結果詳細>

グループ予選
8月1日:vsドイツ(5)      12-37●
8月2日:vsポルトガル(8)     8-33●
8月3日:vs南アフリカ(15)    19-10○

順位決定戦
8月5日:vs台湾(2)       22−42●
8月6日:vsイングランド(6)      6−25●
8月7日:vsオーストラリア(10)  13−21●
8月9日:vsアイルランド(20)   19-18○

※()内は世界ランキング。日本は24位。


●古木翔監督 コメント

日本代表チームへのご声援をいただき、ありがとうございました。

世界選手権では、グループ予選で1勝、順位決定戦で1勝という目標を達成することができました。
対戦したすべての国が世界ランキング格上というなかで、世界選手権史上初勝利を含む2試合に勝利できたことを嬉しく思います。

全選手が世界選手権初出場でしたが、毎試合積極的にプレーし、日々成長しながら戦った選手に感謝しています。

一方で、強豪国には力の差を感じさせられ、今後勝ちを目指すべき中堅国相手にも課題が残る戦いになりました。
各個人のレベルアップ、戦術面の強化、選手層の強化について、今大会の経験を今後に活かしたいと思います。

今後はより世界の上位入れるよう、日本国内での競技普及と強化に励みたいと思います。

引き続き、日本代表および日本国内のコーフボール選手へのご声援をよろしくお願いいたします。

 

●永井廉選手(キャプテン) コメント

今大会キャプテンを務めました、永井廉です。
まずは、この大会へ参加する準備段階から様々な方にご尽力いただきましたことを心より御礼申し上げます。また、クラウドファンディングや、YouTubeの視聴等、様々な形で応援してくださった方々、本当にありがとうございました。

現日本代表で最年少である僕がキャプテンという責任のある役割を頂いた中で、大会参加に当たって揭げた目標を達成でき、その報告をこうやってみなさんにできることを非常に嬉しく思います。

今大会の目標であった予選トーナメントで一勝するという目標を達成することができ、決勝トーナメントで実力的にも五分であるアイルランドに一点差で勝利することができ、15位という結果で大会を終えることは今後の日本コーフボールの発展において大きな第一歩を踏み出せたのではないでしょうか。

ですがやはり強豪国相手になると、全く歯が立たない、上には上がいるということを思い知らされた大会でもあったと思います。

ただこれで日本コーフボールが終わるわけではありません。今大会でまた次の目標ができ、常に上を目指して頑張っていきたいと思います。
これからも応援よろしくお願いします!

c31fa9b159772ca9ceaff21bf9a178fa1_42267886_190815_0169